top of page

【質問】成果が出る子と出にくい子の違いは何ですか?

せっかく勉強やスポーツをがんばっているのに、 成績が上がらないとやる気も下がりますね。 同じ授業、同じ練習なのに、 どうしてあの子は成績がいいの?試合に勝てるの?と羨ましく思うこともあるでしょう。
エールでは、 大学生の学習アドバイザーが中高生の勉強を指導しています。 学習アドバイザーは優秀な大学生ばかりです。 高校は名古屋のトップ校、大学は難関国立大学や医学部、有名私大などなど。 いわゆる、「成果を出してきた人たち」です。 その人たちを見ていると、 勉強に対する姿勢が違う!と思います。 なんかね、 「この人、デキそう!」と一眼で思うんです。 それはどんなところから感じるかというと ・挨拶ができる ・人の目を見て話す ・時間を守る ・服装がちゃんとしている  など、勉強とは直接関係ないところばかりです。 これは「原田メソッド」で言うなら 〝心のコップ〟です。 原田メソッドでは「態度教育」とも言います。 パフォーマンスの方程式は 「何を × どんな気持ちで」 ですから、
“どんな姿勢で勉強するか”
“どんな思いで物事に取り組むか”

によって、
現れる成果は全く変わってきます。
だからこそ、 エールの学習アドバイザーを見て、 「デキるな!」と感じるわけです。 エールの指導責任者・井坂直人先生は 目標達成のプロとして、 これまで、
多くの人、組織に出会ってきました。

世界大会金メダル、
売り上げを年々増加させている会社、
学力をどんどん向上させている生徒たち・・・。 その共通点は、

“態度がいい”


たったこれだけだといいます。 時間、服装、挨拶・・・など、



当たり前のことを、当たり前に行う。


成果を出せる人(組織)、そうでない人(組織)の違いは、

“当たり前のレベルが違う”


たったこれだけです。 勉強なら 30分勉強するのが普通の子 2時間やるのが普通の子。 その子の「当たり前」が成果をの違いを分けています。 自分の「当たり前」を見直してみませんか。

留言


​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
    bottom of page