2019年がスタートしました!


新年あけましておめでとうございます。 井坂です。

2019年も始まりました。 5月には新元号への変更、 来年には“東京オリンピック”も控え、 時代は大きく変わっているのを感じます。

いつも正月は「箱根駅伝」を見て過ごします。 今から20数年前、 “箱根駅伝に出場したい” という思いで関東の大学を目指した自分の思いに重ね合わせて、 この2日間は選手の力走から力をもらっています。

“箱根駅伝出場” という夢は叶いませんでしたが、 指導者として教壇に立ち、 多くの選手を育てるという“夢”を持つことができました。

自分自身が選手の頃は、 指導者からの”指示”“命令”に従い、 言われたことを淡々とこなすことが大事だと思っていました。

しかし、 今の時代は自分たちで目標を考え、 練習なども工夫し、協力し合って競技力をアップする。

惜しくも5連覇を逃しましたが、 復路で強さを発揮した青山学院大学は、 選手たちでの自主運営を大切にしています。 “ 自主性を尊重することが、青学らしさ” と考えているのです。

そして、 見事初優勝を成し遂げた東海大学。 優勝の要因に“練習の方針を変えた”ことが挙げられています。

東海大学と言えば、 “速さ”が売り。 自分たちのセールスポイントです。 その“速さ”で勝負してきましたが、 箱根ではどうしても勝てない。

そこで、 長い距離を走りこむ合宿を増やし、 箱根駅伝に対応できるように準備を重ねたのです。

結果は見事“初優勝”。 素晴らしい成果を手に入れることができたのです。

みんなにも大切にしてほしいと、 いつも伝えている言葉で、 「主体変容」 という言葉があります。

“自分が変わって周りが変わる” “少し変えたら、大きく変わる”

上手くいかない時、 人はどうしても“周りのせい”にしたくなります。

「先生の教え方が悪い」 「環境が良くないんだ」

しかし、 そんなことを何度言っていても未来は変わりません。

大事なことは、 “自分自身に矢印を向けられるか” ということ。

そこから未来を切り拓く“ヒント”が見えてくるのです。

東海大学は、 自分たちの練習方法を見直して、 “箱根駅伝で勝つための練習” を徹底したのです。

これからの時代を歩んでいくみんなには、 “未来を切り拓く力” を身につけて欲しいと心から願っています。

だからこそ、 エールでは「学力向上を通じて、人間力を高める」なのです。

箱根駅伝で惜しくも5連覇を逃し、 準優勝に終わった原監督は、

「復路は地力を発揮できて見せ場を作れた。 あきらめない心。生きる力を箱根駅伝を通して学ばせている。 負けると悔しい。 プロセスを大切にし文武両道でやっていきたい」と語っていました。

「結果」はもちろん大事。 しかし、それ以上に 「プロセス」は重要なのです。

何のために勉強をするのか。

それは、 “これからの時代を切り拓くことのできる力を身につけるため” なのです。

2019年のエールは、 「目標達成プログラム」 からスタートします。

新しい年に入り、 「目標達成プログラム」 も進化していきます。

全力でみんなに成長してほしい、 充実した時間を過ごして欲しい、 頑張ったと胸を張って言って欲しい、

「主体変容」 を胸に、大きく飛躍する一年にしていきましょう。

1月7日、 みんなに会えるのを楽しみにしています!

学習支援塾エール 指導責任者 井坂直人

#エール

20回の閲覧
<関連企業>
​株式会社原田教育研究所
cb3p5-7q1gw.jpg
一般財団法人クラスジャパン教育機構
logo.png
<お問い合わせ>
  • line
  • Facebookページ
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram

学習支援塾 エール

info@yell-school.jp

名古屋市東区泉1-20-2 大雄ビル2F

Tel: 052-954-1771
エール株式会社

代表取締役  岡留輝美

 

© 2017 by Yell-school. Proudly created